福岡市・警固のギャラリー・レンタルスペース

ギャラリールーモは、福岡市の中心部・天神からほど近い、古いビルの一角にあるギャラリー。デザイン・イラストレーション・陶芸・写真・クラフト作品等の個展・グループ展を行っています。​

また、従来の「ギャラリー=アート」というイメージにとらわれず、自由でユニークな発想のルーモオリジナル企画展も開催。アパレル展示会や、研究発表会などのイベントスペースとしてもご利用いただけます。

ギャラリー隣には「ルーモ ブックス&ワークス」を併設し、好奇心を刺激する独自のセレクト古本、博物学をテーマにした雑貨を取り扱っています。

「創造する人」「表現する人」「感じる人」。それぞれがつながって、新しい何かを生み出す。ルーモはそんな場所でありたいと願っています。

 

 

※ LUMO(ルーモ)とはエスペラント語で「光」「光をあてる」「光を照らす」を意味します。

1/7

新型コロナウイルスの感染拡大防止対策について

いつもご来店いただき、ありがとうございます。

新型コロナウイルスの感染拡大防止により

当面の間は12:00〜19:00の時短営業とさせていただきます。

(※ギャラリーにてイベント開催時は12:00〜20:00といたします)

入り口には消毒液を用意して、随時、店内の換気につとめます。

恐れ入りますが、ご来店時には手指の消毒とマスクの着用をお願いいたします。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いします。

coming soon..

本の虫

10.30.fri - 11.8.sun

open 12:00-19:00

現在、地球上で最も繁栄している生き物が何かご存知ですか?
それは昆虫です。
地球上に存在する昆虫は約100万種。
鳥類の9,000種、哺乳類の4,000種と比べても圧倒的な数で、
現在確認されている生物種の半分以上です。

「虫」は、その造形的な美しさ、生態の不思議さから人々のインスピレーションの源になり、古来より多くの絵画や美術工芸品、文学などのモチーフとして使われてきました。

そんな「虫」たちについて書かれた古今東西の本とともに、
立体蟲(むし)作家・ながふちなほみさんの作品を展示いたします。


深まる秋、多くの謎と魅力に満ちた「虫」たちの世界をお楽しみください!

立体蟲刺繍作家   ながふちなほみ

プロフィール:

熊本市在住
2010 島田美術館「ファッショナブルな虫達」展を見て、

虫を刺繍で作り始める。
 

exhibition
2012 島田美術館/熊本市
2012,2016 湯の端美術展/山鹿市
2015 「蟲刺繍」長崎次郎書店静観堂/熊本市
2016 三人展「蟲展」なかお画廊/熊本市
2018 ギャラリー楓/「虫の夢」/熊本市

1/2
INFORMATION

LUMO BOOKS & WORKS

 

ギャラリールーモの隣「ルーモ ブックス & ワークス」は、「アート・デザイン」「カルチャー」「文学」をメインに、ユニークな視点でセレクトした様々なジャンルの古本を扱うお店です。

​また、鉱物・化石・各種標本など「博物学」をテーマにした雑貨や、ZINEや手製本、自費出版の本など、ここでしか手に入らないモノも取り扱っています。

「知的好奇心を刺激する場所」ルーモの世界をどうぞお楽しみください。本は立ち読みもOKです。お気軽にお立ち寄りくださいませ。

1/10

LUMO BOOKS & WORKS〈ルーモ ブックス&ワークス〉

営業時間:12:00〜19:00 月曜定休

  • LUMOBOOKS twitter
  • LUMO BOOKS Facebook page
  • LUMO BOOKS & WORKS instagram

本や作品の入荷情報、本の紹介などを更新しています。ぜひ、チェックしてみてください。

© Copyright 2020  gallery LUMO ギャラリールーモ  〒810-0023 福岡市中央区警固1-12-5-201  TEL / FAX 092-215-0115  info@gallery-lumo.com​